Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

就活で「一番の苦労」を現場の社員に聞く意味

座談会あるあるの質問

就職活動で会社訪問をして社員さんが登場してくるとその場でQ&Aセッションや座談会などが開かれ、業務内容やキャリアについての質問を受け付ける時間がありますよね。

 

その時に決まって「あなたがこれまでで一番苦労した仕事は何ですか」と言った類の質問をする人が必ずと言っていいほどいます。質問をすること自体は素晴らしいのですが、その苦労した経験を聞いて何になるのだろうと思いました。

 

まず質問者の意図は仕事のきつさを知るということ。社会人になって苦労に直面した際に果たして自分も乗り越えることができるのかという不安要素が常につきまとっているからです。

 

私の場合は就職活動をしているうちにその思いは次第に消えていって「どのような仕事も苦しいことは出てくるにちがいない」と思うようになりそう言った質問はしなくなりましたが、考え方によっては不安を拭えずに就活を進める人も少なくないようです。

 

ではこの質問をした時に返す社員さんの反応はどう言ったものか。大抵は自分の事例を挙げていって結論としては乗り越えたという類の話をします。

その乗り越え方が果たして時間によるものなのか本人の能力なのか、はたまた周りに助けられた結果なのか、あるいはすべてなのかそれはひとそれぞれですが、多くを語る事はないように思います。

しかし最も就活生が気にすべきはその点なのではないかなと思います。

 

個人よりも組織?

私は社会を知らない人間なのでえらい事は言えませんが、一人の人間をどのように支えられるかあるいはどのように見守るかが組織の真価が発揮されるところで、その苦労の内容自体は大きな意味は持たないように思います。

というのも仕事内容は事業部、部署、人によって千差万別ですし、一人一人の経験はその組織で得られる能力に一般化できるものではないのではないでしょうか。

 

肝心なのは、その個人に対して組織あるいは周りの人がどういった接し方をするのかと言ったところなのではないでしょうか。

距離を置いたり全面的にサポートしたり、あるいは放置したり。その事案によって様々なパターンがあると思いますが、そこに関しては自分が気になる点を聞けば良いのだと思います。

 

現場の社員にはその働く環境がいかに自分と関わりそうかを想像できるような材料を提供してもらうべきで、一人一人のエピソードを聞くのは飲み会の席で良いのではないのかなと思った次第です。

これまでの中で一番面白い就活生に出会いました

彼は東京大学から来ていた

先日ある大手メーカーの1Dayインターンシップに参加したときのこと。(1日企業のオフィスに行くことをなぜインターンシップと呼ぶことができるのかは疑問がありますが)

 

同じテーブルに座った東京大学から来た3年生の人が自分の就活のやり方について話していた。僕は東大生の友達は少ない方ではないのだけれど、どの人も賢いやり方で生きてるよなぁと思う。

そんな印象を東大生に対して持っていたので、彼の話を興味深く聴いていた。

 

独特な就活の手法

彼は大手商社を目指していて、昨年夏から就職活動を始めたそう。ここまではだいたい僕と同じ。彼はそこである独特な方法を尊敬する先輩から聞き、それを就活で実践することにしたそう。

 

そこでやったのがすべての業界を見て自己分析に活かそうというもの。彼は早い段階から商社を目指すことを決めていたそうなのですが、業界を絞り込む段階で漠然としたものを面接で語るよりも、自分の見聞に基づいた業界の分析を言うためにすべての業界の1Dayインターンや説明会に参加しているとのこと。

 

ちなみに既に大手コンサルから内定は出ているものの、商社を希望することからそれらは辞退し、3月からの解禁を待っているそう。

 

就活に王道はない

就活の方法は人それぞれで、どれが正解というものはないと思います。が、彼は業界の比較のためにわざわざ自分で足を運んでいるという点で他の人とは一風変わっているよなあと感じました。

 

彼はゼミのある先輩をとても尊敬して、その先輩の後を継いでゼミ長をやったほど。その先輩はテストセンターに三十回も足を運んで、彼のために問題の回答を作ってあげたそうですが、そのおかげで彼は9割近くの正答率を出しているそうです。その先輩がやっていたのがこのすべての業界に足を運ぶ方法で、見事就活で行きたい企業に内定をしたそうです。

 

彼の話全体を聞いているとずるいようにも聞こえますが、これもこれで戦略だと彼は言うのかもしれません。僕にはなんとも言えません。ただ良い企業に行く人がすごいのではなく、自分が行きたいところに行ける人がすごいのだと思います。就活は競争ではないと思います。マッチングです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

ただ業界研究はそこまでコストをかけなくてもできると思っているので、時間がある人でない限りはその方法は少し効率悪いよなあとも思いますが、自分の直感と知識を比較できるという点で優れた方法なのではないかと思います。

 

会社四季報の業界地図。ビジュアル多めでオススメです。 僕はこれを使っています。

会社四季報 業界地図 2016年版
 

 

下北沢のビレバンで究極の癒しグッズを見つけました。

f:id:makisig:20160229130218j:plain

そう、バナナです。これが今日のテーマ。なんとこれにものすごく癒されるんですな。もう昨日買ってから寝てるとき以外はずっと一緒にいる。

 

これの何がいいかというと、味です。

嘘です。

これ、実は手で握り潰したりひねったり色々出来るおもちゃなんですな。大人のおもちゃ。

f:id:makisig:20160229130350j:plain

買ったのは下北沢のビレッジバンガードなのですが、検索してみるとAmazonにもありました。商品名はストレッチバナナ

うん、そのままだな。

 

何がいいって、もう買ってもらった方が早いっていうのが結論なんですけど、プチプチと似たように日頃溜まったストレスを、握ったりひねったりして解消できるというもの。

 

お値段980円。一回分のラーメンと味玉我慢したと思えば安い買い物です。

昨日から片時も手放さず、歩いている時も電車に乗っている時も文字どおり始終触っています。友達からは「おまえおかしいだろ」と言われました。

それくらい、はまります。

 

ストレッチバナナ
ストレッチバナナ
posted with amazlet at 16.02.29
LA CHERE
売り上げランキング: 35,840

「書店は儲からない」は必ずしも正しくない、らしい

書店の倒産は相次ぐも、伸びているものも

NewsPicksで芳林堂書店自己破産のニュースを見ました。

気になってリンク先に飛んでみると、書店が次々に倒産しているという悲しいニュースと共に、意外なことが書かれていました。

なんと書店は必ずしも規模縮小に向かっているわけではないらしいのです。これは目からウロコでした。

newspicks.com

 

どうやら書店の数自体は減っているものの、総坪数自体は増加傾向にあるというのです。

下のグラフを見ていただければわかるのですが、2004年をピークに書店の数自体は減少しているものの、折れ線グラフで描かれている坪数は右肩上がりになっています。

これが何を意味するかというと、「書店」の「数」は確かに減っているけれども、その分、大型書店の進出も続いており、「本を売る店の総面積」はさほど減っていない、ということになります。
少なくとも「本を売る店の総面積」で見れば、「書店衰退」というのは、実態に即していないイメージであることになります。

 

Amazonなどのeコマースの普及によって次々に書店は規模を縮小しているというのがメディアの中での定説になっていますが、実際には規模自体はそこまで変動していないことが伺えます。

 

ここで個別に書店を見ていくと、その理由を垣間見ることができます。

丸善ジュンク堂丸善CHIホールディングス文教堂ホーウディングスといった書店事業だけを営む企業は売り上げ・利益ともに減少傾向にあるのに対し、TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは書店のみならず多角化を進めたことで96年から2014年にかけて一度も売り上げを落とすことなく伸びているのです。

 

グラフは記事中にあるのでそちらを見ていただきたいのですが、経営の多角化を進めることで書籍の売り上げの減少分を補填している企業が今後は生き残っていくのではないでしょうか。

アメリカでも同様の事例があるようです。このカルチュア・コンビニエンス・クラブと同様に、書店に本の販売場所としてだけではない魅力を持たせることでマンハッタンの本屋街で唯一生き残ったStrand Book Storeが店内にグッズ販売スペースを設けオリジナリティ溢れる店作りをしています。

 

アメリカではオンラインでは手に入らない地域の人々の際に基づく本の品揃えを持ちローカライズ戦略を打ち出すことで、地元住民の需要に応え成功したことも紹介されています。

 各種報道(たとえば、Washington Post、Fortuneなど)を総合すると、次のようなことが「独立系書店の復興(インディーブックストア・リサージェンス)」の要因として指摘されています。

1.紙の本の価値が再認識されてきた

2.Amazonの検索でも拾いきれない、地域の人々の宗教、民族、文化の細かな差異とそれに基づくニーズに、独立系書店が応えるようになった(ハイパーローカル化)。地元出身の作家、地元にちなんだ作品を積極的に並べるなどの試みも功を奏した。地産地消運動(バイ・ローカル運動)もこの動きを後押しした

3.オーサービジットやサイン会だけでなく、講演会、ライブ、創作講座、子供向けの店内キャンプなど、本とは直接関係ないものも含めて、リアル書店でしかできないイベントを頻繁にしかけるようになった(コミュニティセンター化)

4.書店がオリジナルグッズを販売するなどして、地域にブランドロイヤリティを醸成するようになった(ブランド化)

 

まとめのページでも書かれていますが、結局問題なのは書籍の購入の場所がオンラインに移ったことでも電子書籍の需要が増えたことでもなく、本の売り方の問題なのかもしれません。

中小の書店には返本の問題からベストセラーの本が回ってこず売り上げにつながらないようですが、ベストセラーを売らなくても売り上げを確保していくための戦略を生み出す必要性はありそうです。

【動画あり】スーパーのウズラの卵は孵化させることができるらしい

まず動画に驚いた

久しぶりにFacebookのNewsfeedをぼおーっと眺めていたらアメリカのThe Telegraphが面白い動画を配信していました。

すべて英語なのですが、要するにスーパーでウズラの卵を買ってそれを持って帰って温めるとどうなるかという実験。 

 

Supermarket egg hatches after being incubated

This supermarket quail egg hatched after being incubated for a month!Credit: Caters TVYouTube: http://tgr.ph/gfHEMs

Posted by The Telegraph on Thursday, February 25, 2016

 

日本でもできるらしい

このスーパーで販売されているものは有精卵だったのか、見事保温することで雛に帰りました。 日本でもこれができるのかなと思いネットで調べてみると稀に有精卵があるとの情報が。

 

そしてもっと調べていくと、実際にスーパーでウズラの卵を購入して孵化させた人がいた!

matome.naver.jp

 

どうやってやるか

方法は簡単。

段ボールで作った検卵機に電気あんかを入れ、37.8度くらいに保つらしいです。

そして1日数回「転卵」といってゴロゴロ転がしてあげるそうです。そうしないと殻に雛が張り付いて死んでしまうらしいです。雛鳥はそういったことを本能的にわかっていつもやっているのでしょうか。

15日頃に転卵を終えるそうです。

 

詳細は以下のNAVERまとめを参考にしていただくのが良いですが、見ているとこんなに気軽にできるのかと意外に思いました。

 

そしてこちらは実際にこの孵化をした人の声。感動が伝わってきますね。

しかし今回の実験で驚いたのは何よりも僕自身だ。 一つには、まだまだ身近な日常生活の中に「面白いこと」は潜んでいるんだなあという感激。冒頭の写真の頃のような幼少時から、日々お弁当で食べ続けてきたスーパーのうずらがひな鳥になるなんて想像したことすらない事実だった。 もう一つは、生命の素晴らしさだ。生まれたあとに、たとえ洗浄・輸送・冷蔵されようとも、温めれば細胞分裂が始まり、一つの新しい命が誕生する。その力強さに感激した。

@nifty:デイリーポータルZ:スーパーのうずら卵から、ひな鳥ピヨピヨ!より

 

普段食べ物としてしか考えていないウズラの卵が「生命」となる瞬間。

その喜びはペットショップを通してペットを飼うよりも大きな感動があるのかもしれません。

Facebookが今日は思わぬものを与えてくれましたね。ありがとう、Mark Zackerberg。

結局就活よくわからない

〇〇ナビがウッチャンナンチャン使ってテレビCM で就活が3月1日に解禁だとか言っているけども、どこかの調査では67%の企業(どういう分類かは忘れました)が解禁前に説明会始めてるらしい。

インターンの面接に行ったらグループ面接で質問飛ばされたと思ったら翌日には本選考の案内が来た。
 
頭使わないと生きるのって難しいですよね。
 
日本ってものすごくシステム社会で何が何でもやってくれる。
社会や企業が消費者にサービスを丁寧に(時には子供に教えるように)提供することが当たり前になっている。消費者は何を言っても許されるしサービスを提供する側に手抜きがあればクレームが来るのは当たり前だとみなされる。
 
で、消費者という身分を脱することを忘れて社会に入ろうとすると、うまいことばっさりと切られるように日本はできている。結局システムは人を守りながらも、それ信仰した人を切るようにもなっていると。
 
そういうシステムの上に本音と建前がある日本の社会は、とても、とても面白いと思います。

「フィリピンで起業」って?

「起業って何よ?」と思った方へ

 

僕は将来フィリピンで避妊具を販売・流通させるビジネスを展開しようと考えております。

 

カトリックが国教であるという制度的背景や性教育が不十分であるという教育の問題など様々な問題がクロスした結果、70%以上のフィリピン男子が避妊具を使用していないことに。

 さらにカトリックが国家の法律にも徹底されて反映されており堕胎は違法であることからいわゆる「望まれない子ども (unexpected child)」が数多く生まれる結果になっています。

そしてそこに貧困家庭に多く見られる家族計画の欠如が相まってしまうと、少ない家族の収入というパイを増え続ける子どもで分けることが起こり、一人当たりの収入は子どもが増えるごとに少なくなっていくことになります。

DSC07857

 

そこで開発経済の知識を専門的に学び、その問題をビジネスの手法を使って開発できないかと考えました。

私の大学での専門はそこではありませんが、もともと学生団体やNGOで開発経済という分野に関わっていた時期は長く、学術機関を通してでないにしても学部生が持っている以上の知識はあるつもりです。そこを専門的に大学院で勉強しようと思っています。

 でも、まずは現実を見よう。

ここまで将来の夢を語ってきましたが、現実は大学を一年間休学した後の就活生。今日も実は一次面接に行ってきたばかり。そう、まずは就職して日本でスキルを磨きたいんです。

 まず就活に、そしてそれが終わったら来年からは仕事に頑張らなければならないのはわかっているのですが、そんな中でも夢を語っていたい。だからこの就活をしている時期から、ビジネスで始めるまでの軌跡を記しておきたい。それがこのブログを始めた理由です。

 

虎は死して皮を留め、人は死して名を残す。