TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

【今さら訊けない】LINEとメールは何が違うの?

LINE

若者のみならず、巷の人はLINEだLINEだと言います。スマホを使っている人のみならず、ガラケーでも使えるLINEは広く普及しています。

チャットで会話できるのは知っている。でもメールと何が違うの? 今日はそんな流行に少し乗り遅れたあなたのためにLINEとメールの違いについて説明していこうと思います。


(1) 相手が読んだかどうかがわかる

これはよく言われていますが、所謂「既読」機能というものです。相手がそのメッセージを開封したら相手にそれが通知される仕組みです。これによって相手が読んだのかどうかわかるので、返信が来なかったとしても伝わったのかどうかがよくわかります。

便利な半面、相手に返信がすぐにしづらい内容の時は困ってしまいますね。すぐに返信する必要がない時は「既読」にしたままでも良いのかもしれませんが、目上の人である場合などは不便かもしれません。

ですから開封をせずに放っておく人もいます。そうすれば相手に「既読」が伝わらずに読んだことにもならないのですから。


(2) チャット形式である

LINEはチャットでメッセージをやり取りすることができます。しかもかわいい「スタンプ」でメッセージに色を加えます。チャット形式ですので数回前の相手からのメッセージを確認できます。しかしスレ違いが起こることもあるので要注意。

しかしこれに関してはiPhoneのメールでもすることができるので、この点に関しては違いはないと言えます。Androidでもチャットでメールをやり取りできるアプリはありますね。


(3)  無料電話もできる

これが一番大きいのではないでしょうか? 無料チャットもできるし無料でいくらでも電話ができる。これがなければ多くの人はLINEを使うことはなかったでしょう。

これまでSoftBankは時間制限でSoftBank同士の通話料無料を掲げてきましたが、スマホが普及しLINEとSkypeが台頭したことによってその意味はなくなったと言っても良いでしょう。


(4) グループで会話ができる

これもLINEの強みのうちのひとつです。「グループ」機能は複数人が同じ場所でメッセージのやり取りができるものです。同時に複数人での通話はSkypeGoogleのHangoutでしか対応されていませんが、文字のやり取りだけで事足りる場合はLINEでも十分といえるでしょう。

プライバシー設定からLINE Playまで LINE完全活用ガイド
by カエレバ