TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

【徹底レビュー】AQUOS Phone SHL23を2週間使ってみた感想!

DSC05114

先日、携帯電話を新しいものに買い替えました。SHARPのAQUOS Phone SHL23です。これは2013年の秋冬モデルから出ています。

形状やら色やら考える要素は色々あったのですが、結局実用面を考えて電池のもちの良さを考慮し「IGZO」のAQUOS Phoneにしたというわけです。

で、このIGZOは何かというと、簡単にいえば電池の持ちを良くする技術のことです。auの店員さんにはSHL23の場合「普通に使えば3日間持つそうですよ」と言われましたが、ボクの場合「普通に使って2日間」でした(笑)

そこまでケータイを酷使するわけでもないので、恐らくその「3日間」というのは、何も使わなかった場合のバッテリーの持ち時間なのではないかと推測します。詳しいことはボクにも分からないので割愛しますが、とにかく店員さんとパンフレットの数字は疑ってかかったほうが良いということですね(笑)

前のケータイはGalaxyのS2。これも同じくauだったのですが、今のSHL23に比べるとブラウジングは遅いし不具合は起こるしで大変でした。しかし機種変してからは、LTE電波でYouTubeもGrooveSharkもサクサク動かせるようになりました。

ここで今一度SHL23のスペックを簡単に説明しておきますと、まず赤外線カメラが付いています。防水・防滴です。もちろんテザリング (Tethering) も。しかし何と言ってもこのスマホの良さはIGZOによる長時間バッテリーといえるでしょう。

スマートフォンの最大の弱点であるバッテリーの持ち時間の問題を見事に解消し、ボクの使い方では2日間は余裕で持つくらいになっています。恐らく、いくら使う人であっても1日で電池が切れることはないはずです。

しかし残念なことに、Androidスマホには必ずと言ってよい弱点である横幅の大きさは解消されていません。私は比較的手が大きいので良いのですが、手の小さい方にとっては持ちにくいかもしれません。そうはいっても他のモデルもそこまで変わらないので、持ちやすさを重視するならばiPhoneが一番でしょう。


▼ボクのホーム画面。LINEやBBCのHeadlineが並べてあります。
DSC05115

▼アプリの一覧画面。
DSC05116

これからはじめるAndroidスマートフォン入門―初めてのスマートフォン選びはここからはじまる!! (にちぶんMOOK)
by カエレバ