元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

どうして日本人の英語は通じないのか

English Buldoogs Queeny

あなたが日本人なら、一度でも正しく発したはずの英語が通じなかった経験があるはずです。学校で習った正しい文法通りの言葉を話しても単語が正しくても、それは必ずしも伝わるとは限りません。

それはなぜでしょうか? 問題は発音にあります。

よく言われることは、日本語に英語特有の発音がないことです。日本語にはRとLの発音に区別がありません。そのため巻き舌を使うことが少ないため、現地人のように単語を忠実に発音することが難しい場合もあります。しかしそれは大きな問題ではありません。

本当に正さなければいけないのは、「カタカナ英語」です。つまり英語をカタカナに直して使う習慣です。

外来語を自らの言語に取り込んで使うこと自体は言語の性質上、決して不自然なことではありません。しかしそれを元の発音に忠実に話さずに、日本語のように全く変えてしまうと話は変わってきます。

例えばsupermarketを発音するときにも日本語では「スーパーマーケット」と、Tを「ト」に置き換えて発音するなど、元の発音から比較すると奇妙なことを起こしています。

本来であれば、英語ではTは発音しませんから、カタカナで無理やり書くとすれば「スーパーマーケッ」となるはずでしょうが、カタカナ英語ではTを「ト」、RとLを「ル」と発音してしまいます。

ですから、それが正しい英語の発音だと思って使っていると、いざ英語圏の人と話す場面になった時にカタカナ英語の発音で発音してしまう、あるいは本来の発音の仕方がわからないということになるのです。

更に、日本人はそのカタカナ英語が英語圏で通じると思ってしまうのが、英語が通じない一番の要因かもしれません。いくら英語を話そうともそれがカタカナ英語であれば、相手は何を話しているのかわかりません。

文法が正しくても、正しく発音できていない限り相手は理解できませんし、会話をすることはできないのです。

日本語には英語があふれていますから、全てのカタカナ英語を使うのは無理でしょう。しかしながら、本来の発音が違うということを知っておくことは大事なことです。それによって英会話でカタカナの発音をして恥をかくということがなくなっていくはずです。

ボクは外国人の友達が多いので、カタカナ英語についての話をよくするのですが、彼等は口をそろえて「おかしい」といいます。本来の発音ではなく、それを全く違うように使っている日本語のせいで、英語力が落ちていると指摘されます。

もちろん、それが全てだとは思いませんが、彼らの言うことにも一理あるように思えます。