元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

なぜ石巻の繁華街は廃れてしまったのか

DSC00721

私はボランティアとして宮城県石巻市に何度か足を運んでいます。その中でも最も中心的な場所が「中央地区」という石巻駅の駅前の商店街です。現在でもパブが多くあり漁師町として「東北で一番栄えていた」とも言われています。


しかし現在は昼間でも通りには人が少なく、以前の光景を想像するのが難しい程、閑散としてしまっています。石巻市捕鯨の港としても知られ、牡鹿半島に位置する鮎川浜では全国有数の規模で鯨が捕獲され出荷されています。現在でも続いているようですが、その鮎川浜でさえも震災の津波の影響で街は被害を受け、活気はあまりありません。

そんな石巻市の中でも最初に挙げた「中央地区」について、興味深い記事がありましたのでご紹介しようと思います。