元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

グループのコミュニケーションはFacebookが断然便利

Facebook at Mozcon - Alex

友達のタイムラインを見たり今日の昼ごはんの写真を投稿したり、様々な用途に使われるFacebookだが、日記帳だけに終わってしまっていてはFacebookを十二分に活用しているとは言えないだろう。

あなたがあるグループのプロジェクトメンバーならグループページでメンバー同士のコミュニケーションをとることをオススメしたい。



グループワークの時によく使われるのがメーリングリストSkypeだ。もちろんこういったツールもかなり使える。ただ十分に役割を果たしているとは言い切れない面もある。

メーリングリストをコミュニケーションツールにしてしまうと全員のメールボックスに多くのメールが溜まってしまい、会話に参加していない人にとっては迷惑でしかないし、複数人同士の会話で無い限りはメーリスでコミュニケーションをとる必要性はない。いくら情報共有のためとはいえ工程をメンバーに見せる必要はないからだ。

次にSkypeだが、これは音声通話を行うには有用だ。無料だしチャットはおそらく一番優れているだろう。しかし会話していると次々に情報が流れてしまい、情報を溜めるのには適していない。つまり多くの情報が流れすぎて、どれが重要でそうでないかの区別がつけられないし、後でわざわざそういった情報の選別を行わなければならなくなる。これでは作業効率が悪い。

そこで紹介したいのがFacebookの「グループページ」機能だ。これならひとつの発言に対して他のメンバーがコメントを付ける形で表示されるので、どのコメントに関してそのメンバーが発言したのかがすぐに分かるし、意見を視覚化しやすいという利点がある。

しかもメンバーのうち誰がその情報を確認できたのかが表示されるので、情報を得ていない人に対して再度確認をとることができ、情報の漏れがなくなるのだ。

しかもファイルを投稿する機能が付いているので、決定事項を文書化して共有することも簡単だ。投票機能もかなり使えるだろう。イベントを企画するのも簡単なのでグループのミーティング招集にも利用できる。

このようにグループワークを行う際には是非Facebookの「グループ」機能をオススメしたいと思う。

これ1冊で完全理解facebook改訂版 (日経BPパソコンベストムック)
井上 真花 佐藤 新一
日経BP社 (2012-03-03)
売り上げランキング: 12,875