元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

ドイツとブラジル、NSAの情報収集を受け国連へ決議案提出へ

ドイツのメルケル首相の通話を傍受したとして国際的な問題となっているアメリカの情報収集機関NSAですが、今回の騒動を受けてブラジルと被害国のドイツが国連へ中止を求める決議案を提出する運びとなりました。

決議案は特定の国を名指ししていないが、主要国に対して大規模な監視活動を行ったとして批判されている米国を念頭に置いているのは明らか。

決議案は通信の傍受などによる人権侵害に対して「深刻な懸念」を表明し、加盟国に対し「国際人権法上の義務にのっとって国内法を整備するなどして、人権侵害を終わらせ防止するための環境を整える措置をとる」ことを求めている。

NSAは日本にも通信傍受のための施設を置いていたことが判明していますが、他国もこれに協調して情報漏えいのための防止策を固めていくことが求められます。

<<引用>>
ドイツとブラジル、過剰な監視活動禁じる国連決議案を提案 | Reuters