元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

フィリピンを取り巻く、すさまじい英語の環境について


最近は大学生の語学の留学先として東南アジアが選ばれることが多くなってきました。特にその中でもフィリピンは第二の公用語として英語が採用されているため、どのような人であっても英語を理解することができ人気が高い国となっています。

フィリピンの一番目の公用語はフィリピン語(タガログ語)で、誰でも話すことができる言語です。英語はそれに準ずる形でタガログ語に次いで多くの人が話すことができる言語になっています。



マニラにいればほぼ100%といってもよいほど英語を理解してくれます。通りでたまたま知り合った人でも大学に通う若者でも日本のレベルに比べるとはるかに高いレベルを行っているのがわかります。

たとえばうまく自分から英語をしゃべることができない人でもこちらの話していることは理解してもらえます。ちなみに私はNGOインターンで貧困地区で活動したこともありますが、そこに住む人たちでさえも英語を理解し話すことはできました。

なぜ誰でも英語を話せるのか


理由は簡単です。

第二の公用語として英語が採用され、人々は英語と常に接しながら生活をしているからです。第二次大戦がはじまる前つまり日本の占領が始まる前にフィリピンは、米西戦争によって勝利したアメリカによって統治されていました。その時から英語教育は始まり、日本が戦争に負けて降伏し、アメリカによる統治が再び始まった後にも英語教育は行われました。

統治者によって都合がよくなるようにアメリカ側はフィリピン人が誰でも英語を話すことができるように教育をするわけですから、国を挙げて英語教育を行うわけです。その結果、学校の授業は英語で行われ町の表示、新聞や政府の文書も英語で書かれ、人々は常に英語とともに生活をするようになったのです。

一部の上流階級の家庭では家の中でも英語を使って生活をしているそうで、一般庶民の中でもタガログ語の会話の中に英語が出てくることは珍しくありません。

 英語を話すことができるというアドバンテージ


このように、階級にかかわらず英語を話すことのできる環境はフィリピン人にアドバンテージをもたらします。

特にフィリピンは国内で仕事が多くなく物価も安いことから給料が低い国であることも手伝い、人々は国の外に仕事を求めるようになりました。これらの人々はOFW(Overseas Filipino Workers)と呼ばれています。日本語でいういわゆる出稼ぎ労働者のことです。

Philippines Statistics Authorityという政府機関(日本語でいうと統計局)によると、2014年の時点で230万人の出稼ぎ労働者がいるそうです。  >> Total Number of OFWs Estimated at 2.3 Million (Results from the 2014 Survey on Overseas Filipinos)¹

仕事の場所はUAEサウジアラビア、ドバイのようなアラブ諸国シンガポール、香港、日本のようなアジア近隣諸国にいたるまで多く広がっています。

フィリピン人の出稼ぎ労働者は世界の中で最も多くなっており、職種としては家政婦や運転手のような仕事が多いようです。日本では「フィリピンパブ」のような夜の仕事をしているイメージを持つ人も多いですが、そういった人たちもOFWの人々なのです。

またフィリピンは世界でも有数のテレフォンオペレーターの受注国としても知られておりフィリピン人の英語の能力を活かして、英語の電話ガイダンスをフィリピン人が行っているケースがあります。たとえばアメリカの会社のお客様相談窓口をアメリカではなくフィリピンのTeleperformanceのような会社に受注することで人件費を浮かせることができるのです。

語学留学の受け入れ先として


 そういった英語に恵まれた環境にあるフィリピンは日本や韓国のひとを中心に多くの留学生を受け入れています。首都マニラやバギオ、またはセブ島などに多くの英語の語学学校があります。

また語学学校ではありませんが、日本初のインターネット英語塾であるRareJobのオンライン指導もフィリピン人の講師が行っています。

以下の動画を見るとフィリピン人がどういった英語を話すのか理解していただけると思います。



すべてのフィリピン人がこうした発音で話すわけではなく当然なまりの強弱やアクセントに差はありますが、これが標準的なフィリピン英語といえると思います。

日本人にとってはとても聞き取りやすく理解しやすい話し方をしているのがフィリピン英語の特徴だと思うのですが、私が実際一年間滞在した経験から言わせていただくと、英語に対して苦手意識が強い人ほどより親しみやすい英語が話されているのではないかと思います。