元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

世界各国のメディア報道を日本語で読む方法

Old News - canon rebel t2i

日本が世界でどのように紹介・報道されているのか、気になったことはありませんか?英語圏以外の国ではどのようなニュースがあるのか知りたくありませんか?

英語は堪能だったとしても、それ以外の言語のメディアを理解するのには壁がある、という方も多いことでしょう。そこで今日は海外報道を日本語で読むための手段をご紹介しようと思います。


1. 外務省「世界が報じた日本」

1週間毎に、世界の主要メディアが報じた日本についての記事を簡単に要約して紹介しています。日本が海外からどのように分析されているのか知ることができます。

日によってどれだけの記事を紹介するかはまちまちですが、日本が世界からどのように見られているかを簡単につかむにはよいでしょう。


2. 東京外国語大学 TUFS MEDIA 日本語で読む世界のメディア

アラブ、東南アジア、南アジアの国々のメディアを取り上げ、日本語訳して紹介しています。アラブはアラビア語ペルシャ語トルコ語を、東南アジアミャンマー(ビルマ)、インドネシアベトナムを、南アジアはパキスタンのメディアを紹介しています。

基本的に数日に一回あるいは毎日配信されています。日によって国にばらつきがあることもありますが、日本では決して報道されないような複雑な内容の記事も丁寧に和訳されています。


3. クーリエ・ジャポン

アメリカからアフリカまで、世界各国のメディアが報じたニュースを掲載している雑誌。一部記事を掲載しているOnline版もありますが、780円で購入することができるので買うほうがオススメです。販売している書店は多くはありませんが、雑誌を多く取り扱っている書店なら必ずあるはずです。

ページ数も去ることながら内容も盛りだくさん。政治的な話題からおもしろニュースまで、扱う幅はかなり広いです。時間ができた時に読むのがオススメです。


4. ニューズウィーク日本版

アメリカの国際ニュース専門雑誌 Newsweek の日本語版です。現在アメリカ版の方は電子版に移行し紙媒体での販売は終わっていますが、日本では未だに紙で販売されています。本屋の他、駅の売店やコンビニで購入することも可能です。その時に話題になったニュースを取り上げ、分析する形の雑誌です。

単なる新聞のような報道記事と違って、評論が多分に含まれているので、時事的な記事とそれに対する専門家の分析を同時に読むことができます。そのためニュースに対する分析力も養うことができます。僕自身、中学3年生の頃から読んでいますが、おかげで国際ニュースへの関心がとても高まり知識も豊富になりました。