元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

中国の大気汚染で30万人が早死との予測 - 「財経」誌

beijing

驚くべき大気汚染の実態が判明しました。引用します。

「大気汚染は29万9700人の都市住民の早死にをもたらす」。中国誌「財経」最新号は、復旦大学(上海)公共衛生学院の※(※=門ガマエに敢)海東教授らが、2006年の国内113都市への大気汚染の影響を分析した研究結果を伝えた。
この研究結果を伝えた専門誌によると、※教授らは大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質「PM10」が113都市の都市住民に与える健康面の損失を調べた。さらに、経済的損失は3414億300万元(約5兆1200億円)に達すると算定した。
中国の大気汚染問題では現在、さらに細かい微粒子状物質で「死亡率と密接に関係している」(財経)とされる「PM2.5」の濃度が問題視されている。北京大学公共衛生学院などが12年12月に作成した報告書は「もし汚染水準が改善されなければ、4都市(北京、上海、広州、西安)でPM2.5が原因で早死にする人は年8572人に達する」と警告している。(2013/02/06-16:46)

<<引用>>
時事通信 "大気汚染で早死に30万人か=専門家が分析-中国"