TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

文化を尊重しないのに国際結婚?



ここフィリピンでは多くの日本人男性が住んでいます。

日系企業で働いたり現地駐在員になったりといろいろな理由はあると思うのですが、中高年男性になるとフィリピーナ(フィリピン人女性)と結婚してこちらに住んでいるというケースが多くなります。



男性のみではないのですが、こちらに住んでいるとフィリピンに関する様々な意見を出会った日本人から聞きます。「予定通りに物事が運ばない」「フィリピン人は約束を守らない」「時間にルーズ」「モラルがない」などなど。

確かに日本人の視点をフィリピンにそのまま持っていけばそのようなことを感じないことはありません。例えば「9時に会おう」といって約束したのに9時に現れなく9時半や10時になることはザラです。また「来週あそこに行こう」と話したのにその数日前になれば「行けなくなった」と言われたり。



最初は戸惑うかもしれませんが、そこにはそれなりの理由があります。それはまず「やりたいことを優先して考える」ということです。彼等はすぐにやりたいと思ったことを口にします。たいていはよく考えないで(笑) ですからやろうやろうといってやらないことは珍しくはありません。あなたもたまにそういったことはあるでしょう。それと同じです。

また時間にルーズなのは、日本人が時間に厳しすぎるのです。私はそのように考えます。何か差し迫った理由でもない限りは、自分のやりたいことを済ましてから次に移るのです。なぜなら相手にも相手の時間があり、そのように考えているからです。無理をしてまで時間を自分の時間を削る必要はないのです。日本では通じない考え方ですが、人生をセカセカ生きない彼らにとっては当たり前になっています。

一年先、二年先のことを計画して生きるということが苦手なフィリピン人は物事を論理建てて考えて計画することが苦手です。彼等は「今を生きる」人々であり、その瞬間を楽しんでいます。日本人のように常に先のことばかり考えて、その瞬間をおろそかにしていまうというようなことはありません。

これは良いか悪いかの議論ではなく、文化・慣習の違いなのです。

しかしフィリピーナと国際結婚した日本人やフィリピンに住んでいる日本人に話を聞いていると、フィリピンという国を日本的な凝り固まった視点から見て、自分のフィルターで文化を見ている人が多いように感じます。

フィリピンに住んでいるのであれば「郷に入れば郷に従え」で、その国の文化・慣習を尊重して生きるのが筋ですし、いくら苦情を言っても直るものではありません。なぜならあなたは外の人なのですから。何を言おうともフィリピン人にとっては犬が吠えているようなもので、ただ「文化を拒絶した人」に見えるだけです。

自分のやり方を持ち込むのではなくて、せっかくフィリピンにいて彼らの生き方を学ぶチャンスに恵まれているのですから、学ぶ姿勢を持って人生を充実させていけばいいのになあといつも思います。