元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

石巻市の小渕浜から

DSC01425

実は今、立ち上げた東北支援プロジェクト『谷川急便』のボランティアで宮城県石巻市に来ています。東北とはいえ暑く、日焼けもしています。東北だからといって涼しいことは決して無く、日差しは東京と同等かそれ以上に強く、暑いです。ただ今は昨年より少し涼しくなっています。


今は仮設住宅の中でこの原稿を書いているのですが、ネット回線はもちろんなく、SamsungのGalaxyの不安定なテザリングに頼りきっている状況です。携帯電話の電波は仮設住宅の中のためかとても回線がよく、途切れることはほとんどありません。

ボランティアの作業は午前9時から午後3時まで、休憩を挟みながらの活動になります。漁師さんのご家庭は僕達ボランティアに対してとても気を使ってくださり、「気をつけてね」や「ゆっくり無理せずにやってね」などいつも気遣って下さいます。

今日やった作業は新たな作業小屋を作るための草刈り。鎌を持ったのはひさしぶりで手の皮も厚くなかったのですぐにマメができていまいましたが、天気が良かったので気持ちよくできました。

そして、ここの方たちは本当に沢山の食べ物を提供してくださいます。休憩になれば1回に2食近く下さることもあります。これは別に僕達ボランティアが腹が減ったとわめいているからではなく、ここの漁師さん達のもてなしなのです。

ですからこれを遠慮して受け取らなければこれは失礼になるので、遠慮すること無く頂きます。本当に素晴らしい方々です。

私は石巻市には8月30日まで滞在する予定です。

奇跡の災害ボランティア「石巻モデル」 (朝日新書)
by カエレバ