TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

FREESPOTだけじゃない!Wi-Fiをタダ乗りして外で無料インターネットを楽しむ方法 #Wi-Fi

wi-fi

こんにちはです。今日は無料で使える公衆無線LANについて。

私はよく外出先でブログを書いたり企画書を作ることが多いのですが、大学以外の場所ではWi-Fiがあるところが限られているので、Androidテザリングがあまりよく機能してくれない私にとってはネット環境が十分であるとは言えません。また無線LANルーターや公衆無線LANに加入しているわけわけでもないので無料でインターネットができる環境が必要なわけです。

そこで今日は外出先で使える無料でWi-Fiが提供されている場所をまとめてみようと思います。


[1] まずどこにでもあるWi-Fiスポットのうちのひとつがコンビニです。今のところファミリーマートセブン-イレブン・ローソンが無料でWi-Fiを提供しています。どれも登録が必要ですが、簡単にできるので非常時には便利でしょうね。

ブログ『ネタフル』でまとめられていたのでリンクを貼ります。



コンビニは全国各地どこにでもあるので、かなり広い範囲をカバーしているといえるのではないでしょうか?携帯電話の通じない地域でもコンビニがあればそこでネットに接続するなんてこともあるかもしれません。


[2] 次に、自動販売機です。これは『FreeMobile』という名前で展開されています。半径50m以内なら電波が届くとのことで、かなり遠くまで届くようです。これはアサヒ飲料が提供しているものです。

ただしカバー地域は狭いようで、関東にも数十箇所しか今のところは展開していないようです。日本は世界で見てもかなり自動販売機の数が多いので、全ての機械に設置されればもう携帯電話は通話以外に必要なくなるのかもしれませんが・・・(笑)


[3] 表参道限定ですが、ここにも無料で提供されているネット環境はあります。公衆無線LANの『OMO-FREE』というサービスが表参道一帯で展開されています。人通りの多い場所なので需要はかなりありそうですね。

使い方はいたって簡単です。東京メトロ表参道駅を起点に、神宮前交差点を抜けて原宿駅方面まで続く表参道全域が対象エリアとなっており、17カ所にアクセスポイントが設置されています。エリア内(屋外での利用が対象)で無線ネットワークの中から「OMO-FREE」を選択し、利用規約に同意すれば誰でも利用することが可能です。



[4] そして最も有名なのが公衆無線LANの『FREESPOT』ですね。新宿周辺にも設置しているお店は多いのですが、気軽にいけるような低価格なお店には多く設置していなかったのが少し不満ですが、いざとなった時には使えるサービスになりそうです。


[5] 初期投資は必要ですが、一応タダで使える『FON』というサービスもあります。手順は簡単です。

まずFONルーターという無線LNルーター(6800円)を購入し、自宅のネット回線に接続します。そうすることであなたの家の電波を他のFONユーザーにも提供し、そのかわりに他で電波を提供しているユーザーから無料でネット回線を使わせてもらうことができるのです。

初期投資は6800円必要ですが、Wi-Fiルーターを買うと思えば格安です。


他のネット回線がよく使えないという場所でもFONだけは生きている場所はかなり多いので、汎用性は非常に高いといえるでしょう。しかもサービスが続く限りは今後もユーザーは増えていくので利便性は増していきます。実は僕もFONルーターの購入を検討していて、お金がたまり次第すぐにでも買いたい気分になっています(笑)


[6] そして皆さんが持っている携帯電話回線を使ったWi-Fiもあります。KDDINTT DocomoSoftBank各社がWi-Fi回線を提供しています。中でもau(KDDI)のau Wi-Fiの場合は契約開始から一定期間無料で使用することができます。主にマクドナルドやドトールで使える場合が多いと感じます。

Wi-Fiがまるごとわかる本 2013 (100%ムックシリーズ)
by カエレバ