元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Facebook、News Feedのアルゴリズム変更はいいけれど・・・。

Facebook

先日、FacebookのNews Feedのアルゴリズム(表示のパターン)に変更があり、「より親しい友人」からの投稿が目立つようになりました。これまでは時系列表示であったのが、交流の頻度によって人物同士の親密度や需要に応えるようになったということです。

これによって、自分にそれほど興味のない投稿が表示されなくなり、逆に確認しておきたいものが常に表示されるようになったということです。

Facebookの調査によると、平均的なユーザーの場合、ニュースフィードを開くたびに約1500の未読のストーリー(投稿)が溜まっているという。だが、ユーザーはニュースフィードを開いた際、平均して未読のストーリー全体の57%しか表示しないという。最後までスクロールしないので、残りの43%は未読のまま埋もれてしまうことになる。

こうして埋もれる投稿の中から、ユーザーにとって重要だとFacebookが判断したものを、ニュースフィードの上の方に表示する。古くなってもなお多くの「いいね!」やコメントが付いていることなどが重要かどうかの判断材料になる。

しかし1週間ほどアルゴリズムでのFacebookを試していくうちにあることに気が付きました。

それは、同じ投稿が繰り返し表示されているということです。

自分に興味のありそうなものをFacebookが選んで表示してくれるのは良いのですが、「いいね!」をクリックしない限り同じ物を表示するようになっているのです。「いいね!」を押さなければ、その人は閲覧していないとFacebookに判断されるということなのでしょうか・・・?

確かに時系列表示と違って、自分の興味に関連付けて表示してくれるのは良いのですが、そうでない分昔のものが繰り返し出てくるのは、少ししつこい気もします。

皆さんはどうですか??