TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Facebookはどうして「疲れる」のか?

Screen Shot 2013-11-01 at 23.39.42

皆さんはFacebookをよく使いますか?日本人は圧倒的にTwitterが多いようですが、こまめに写真を投稿したりする人も多いことでしょう。

私はFacebookを使っていると、どうも疲れます。もちろん楽しい時もありますが、それと同時に負担に感じるときも出てきます。それはなぜでしょうか?少し考えてみようと思います。


ひとつ、その理由を説く鍵になる記事がありました。それは他人の投稿を見ることで嫉妬の感情が芽生えるからです。Facebookに掲載された内容が人の間に嫉妬を生むことは感覚的にわかりますが、それは研究でも裏付けられたようです。

「パートナーがいる人がFacebookを利用する場合、ヘビーユーザーほどパートナーの行動をより厳しくチェックし、嫉妬心につながってしまうことが、これまでの研究で示されてきた」とクレイトン氏は述べている。「Facebookの利用を通じて生まれた嫉妬心は、過去のパートナーについての口論も引き起こしてしまう。さらにわれわれの研究から、Facebookのヘビーユーザーは、頻繁に他のユーザーにアクセスを繰り返し、その中には元のパートナーも含まれる傾向が明らかになった。こうしたことが、精神的・肉体的な浮気につながる可能性がある」
>> Facebookはカップルに悪影響:研究結果

要するにFacebookは他人の行動がわかってしまいますから、そこで嫉妬というか、行動が可視化されることでより探究心をかきたててしまうわけです。そうすることでその探究心が別の感情を引き起こすことになるのではないでしょうか?

常に相手の行動を見ることができるようになることで自分といない間に何をしているのかわかってしまうわけで、そうなると相手の行動に不満を感じ始めてしまうというわけです。「知らぬが花」とは本当ですね!