元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Facebookメッセージに足りないあるひとつのこと

Facebook Wants a New Face

Facebookにはいつもお世話になっています。団体への連絡から企業様から頂く営業まで、メールと違って気軽さがあるFacebookメッセージを使わない日はありません。


【徹底比較】FacebookメッセージがLINEより優れている6つの理由 ~ Y-MONKEY
FacebookメッセージとLINEは、何がどう違うの?



そんな重要なツールFacebookメッセージなのですが、メールとは違って足りない重要な機能があります。これほど手軽なFacebookメッセージですが、致命的な弱点があったのです。

それは「お気に入り」機能です。Gmailでは「スター」と呼ばれているアレです。

気になったメールを後でもう一度読み返すために、あるいは今手が離せない用事がある時に後で改めて返信をしたい。そんな時に重要な機能です。メールであれば一度読んだメールを「未読にする」こともできるのですが、それもできません。

相手が読んだかどうかわかる「既読」機能は時刻まで表示してくれるのでLINEよりも相手の読んだ時間について特定しやすい点は非常に便利なのですが、一度読んだFacebookメッセージの中に重要な案件が入っていたことを忘れてしまうと、Google カレンダーに予定を書き込むことを忘れたり読んだまま相手に返信せずに忘れてしまうこともありますよね。

そこが改善されればもう少しFacebookメッセージを渉外でも使う機会は増えると思うのですが、大事なメッセージが埋もれてしまうことを恐れるあまり、まだメールから完全に脱却できていません。(汗)

メールでわざわざやり取りする機会は減ったようにも思いますが、まだFacebookを利用していない方や毎日チェックしている人が自分の周りでは決してマジョリティではないので、Facebookメッセージとメールの並行で連絡を取ることが多いです。それも良いのですが、自分としてはどちらかに一本化したい。そのほうが両方をわざわざ遡って見なおす必要はないし、何よりもスッキリとしていて作業がしやすい。

そうなると、やはり機能をカバーできているメールでしょうか? この機会に改めてメールの便利さ、強みを見なおしたのでした。