TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Gmailと #Moleskine を使ったボクの究極のメモ術

blank notebooks | dec 2009

あなたは予定・用事(タスク)を覚えておきたい時何を使っていますか?

今まではRODHIAや手帳など様々な媒体で試してきましたが、最後に行き着いたのがGmailMoleskine(モレスキン)を使う方法でした。そこで今日はその2つを使って効果的にタスクをメモっていく方法を場面に分けてご紹介していこうと思います。


(1) To Do管理:Gmail <<>>スマートフォン


GmailといえばGoogleのメール・サービスですが、今回はメールではなくTo Do機能を使います

Gmailを開くと左上に「受信トレイ」と書かれたTabがあるので、そこで「To Do」という項目を選択します。すると右下に小さいウィンドウが開かれます。そこにTo Doを書き込むです。

ただ、そこにTo Doを書いてそのままではその都度Gmailを開かなければならず面倒です。しかも携帯電話のGmailアプリからはそこまでたどり着けません。

そこでどうするか。

GmailのTo Doを管理できる専用アプリをスマートフォンにインストールするのです。

私はAndroidの「GTasks」というアプリケーションを使っています。GTasksはGmail上で書き込んだタスクをAndroidでも共有し、このアプリで書き込んだものをGmailでも共有てくれるもので、シンプルなインターフェースで使いやすいです。Androidでオフライン状態(インターネットに繋がっていない)でも書き込みができるので、電波のない状況でも予定を管理できて便利です。

1483746_577166025686295_918325142_n

こうしておくことで思いついた時にそばにあるケータイで予定をすぐに書き込み、やり忘れを防ぐことができます。ノートであれば取り出すまでに時間や手間がかかるものを、手元のケータイですぐに行ってしまうのですから便利です。


(2) アイデア管理:Moleskine >> Evernote/Pages


ただし、アイデア管理をする時にはGmailは使わずにノートを使います。持ち運びがしやすければ何でも良いと思いますが、ボクの場合はお気に入りの「Moleskine」を使っています。

MOLESKINE

モグラの革という意味をもつこのMoleskineノートは世界中の多くの芸術家やビジネスマンに愛用されてきました。歴史的にも長いこのノートには他のノートにはない特別な価値があります。

詳しくはこちらの記事に譲りますが、書き込み易く使い心地が良いこのノートをボクはいつも持ち歩いています。

まずどこが良いかというと、大きさが調度良くカバンに入れても邪魔にならないことです

市販のノートであれば手の上でその場で書くのは困難ですが、Moleskineであれば表紙が堅いのですぐに取り出してその場でサッと書くことができます。そのため電車などの机がない環境でものを書くのにも適しています。

また紙の質もちょうど良く、ペンを走らせるのに適した質感になっていて、書きたいことを走り書きするのにも丁度良いのです。

そしてMoleskineに書いたアイデアEvernoteに同期させます

Evernoteというのはケータイやパソコン上にソフトをインストールすることで、写真や動画、文章を一箇所で管理できるものです。

Evernoteには2つの料金プランがあり、有料であれば撮影した写真から文字をスキャンしてデータ化することもできますが、私は無料版に甘んじているので、ノートをそのまま保存しておこうとおもたら写真に撮影して保存するだけで終わってしまいます。

そのため普段は書いたノートはその場でEvernoteに文章化し保存するようにしています。その方が画面上で見た時にすぐに目に入って来やすいからです。

そしてEvernoteに書いたものを後で文章化していくというわけです。

私の場合は殆どBlogに関するネタなので、Moleskineに書いた後はEvernoteMacワープロソフトであるPagesに文章化する作業をしています。

一時作業は手で書き、二次作業はパソコンを使うという形ですね。

すべてをパソコンで完結させるのが効率が良いかもしれませんが、第一にいつもパソコンを持ち歩いていないということ (MacBook Proはいつも携帯するには重いですね・・・)、その場で書くにはパソコンを開くよりもノートに書いたほうがアイデアが頭から消える前にすぐに処理できてしまうことがあります。

私はこのように作業を分散させて効率化を図っています。作業効率自体には劣るでしょうが、何よりも発想を大事にしたいのでそのためには色々なやり方を実験していきたいと思っています。

MOLESKINE モレスキン ルールドノートブック・横罫・ラージ ([文具])
by カエレバ