元マニラ住人の青年のブログ

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Instagram で「いいね!」とフォロワーの数を格段に増やす方法

みなさん、Instagram (インスタグラム / 略してインスタ) を使っていますか?

アメリカを中心といて、最近FacebookからInstagramに移行する人も増えているようで、僕の周りのこれまでFacebook中心だった人たちがInstagramのアプリをインストールするといったことが増えています。

今回は、その話題の "インスタ" でいかに「いいね! (Like)」を増やすかについてその方法考えていきたいと思います。またこれはフォロワー数の増加にも有効ですので是非参考にしてみてください。



Facebookで「いいね!」の数を増やす方法といえば、記事に写真を載せたりタグ付けする友人を増やしたり、なるべく多くの人が楽しめるようなコンテンツを書くなど様々な方法がありますが、インスタの場合は極めてシンプルです。

それが、良い写真を撮って、ハッシュタグを貼りまくるということです。

1) 良い写真とは何か?


良い写真の撮り方は撮影テクニックの話になるのでここでは割愛しますが、基本的に被写体としては仲間内だけでわかるような写真にしなかったり、あるいは「明らかに加工した雰囲気を感じさせない」ことも重要です。

Instagramは加工できることが最大の持ち味ですが、あまりにも効果を強くしすぎてしまうと素人っぽさを出してしまうことにもつながります。そこで元の写真の雰囲気を大事にしながらいかに綺麗に見せていくかを考えていくのも大事になってきます。

そしてあまりにも自分の友達が写っていることを前面に出してしまうと、その人を知らない人にとっては何の面白みもないものになってしまいます。

下の写真を見てください。

こちらはインターンをしていたのベンチャー企業mana.bo社長の三橋さんのアカウントなのですが(笑)、この写真は誰が見ても共感できる内容になっています。まず特定の人物が写っているわけでもなく説明文もシンプル。この写真を良いと思った人はすぐにハートマークをクリックしたくなりますよね。

誰もが共感できる写真がInstagramで多くの「いいね!」を稼ぐ秘訣です。

あなたをフォローしているユーザーに「これは良い写真だ!」と思ってもらえるようにどうすれば良いのか、そしてあなたはどのような写真を美しいと思うか考えながら写真を撮影してみてください。

また、写真を投稿する時間帯の重要性も無視できません。もしあなたが「いいね!」を押してほしい人たち、つまりターゲットとなるユーザーが日本にいる場合は日本時間に合わせて、日本人が一番スマホを触りやすい時間帯に合わせて投稿するのが良いでしょう。

一般的には起床後、昼休み時間、そして帰宅後の時間が見られていることが多いと言われています。


2) ハッシュタグとは?


ハッシュタグとは「シャープ #」の記号の後ろに文字が書かれたもののことを言います。TwitterFacebookでもよく使われるのでご存知の方は多いと思います。

ハッシュタグを写真の説明の中に入れることで、その言葉で写真の検索をしたユーザーがあなたの写真を発見できるようになります。

四谷にあるホテルニューオオタニの庭園で撮影した写真。海外煮る人にも注目して欲しいので英語のハッシュタグをいつも多めにしています。


その結果がこちら。一時間の間に多くのユーザーからの「いいね!」を獲得することができました。

このように、他のサービスと違ってちょっとした工夫で多くのユーザーをあなたのアカウントに呼び込むことが可能です。

これによって「いいね!」を増やすだけではなく、あなたのフォロワー数を増やすことにもつながります。フォロワーが多くなれば日常的にあなたの写真を見る人は増えますから、ボトムアプアップにもなるというわけです。

シャープ(#)をタイプしてそこから続けて途中まで文字を書くと、他のユーザーがどれだけそのハッシュタグを使っているかが表示されるので人気なものをとにかく書いていきましょう。書く量に制限はないので、なるべく人気のものをたくさん書いて、いいね!(Like)とフォロワーの獲得を狙っていきましょう!


僕のアカウント >> @kuyamakisig
フィリピンの写真から食べ物、趣味まで日常の風景を載せています!

A photo posted by Kuya Wata (@kuyamakisig) on