TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

Moleskineを2ヶ月使って実感したアウトプットの変化

DSC01289

4月にMoleskine/ モレスキンを使い始めてから6月で早2ヶ月が経ちました。このノートをいたるところに持ち歩き、頭で思いついたことをひたすらメモする生活をしました。

大学の授業でもNGOのミーティングでも、外出する際には全ての場面でMoleskineを持ち出し、可能な限り書き込み続けました。その結果、ノートの7割ほどの紙面を使い果たし先日紀伊国屋で2冊目を買って来ました。

そのようにMoleskineを常に持つことで私の生活はガラリと変わりました。それは、頭に思い浮かんだアイデアを逃さないようになったことです。

人間というのは不思議なもので、ひとつのアイデアを絞り出そうと考えている時よりも、全く関係のないことをしている時の方がひらめきが多いものです。もしアイデアが思い浮かんでもすぐにメモをすることがなければ、それは瞬間的にすぐに頭のどこかに行ってしまいます。そして折角思いついたのに、それを思い出すためにまた頭を悩ませるという面倒なことをしなければならなくなります。


しかし、私はMoleskineを使うことでそれを解消しました。


ポケットに入れて持ち歩くことでひらめきをすぐに書き留めることができるようになったのです。これは私にとって、とても大きなことでした。

複数のプロジェクトを担当し学生団体やNGOの活動も兼ねている私にとって、色々なことを同時並行で考えています。それをMoleskineを使ってひとつひとつ書き出すことによって、頭の中を整理することができるようになったのです。

「これも覚えていなきゃ」「あれもやらなければ」と常に頭の中で考えていると新しいことや全く別の案件が出てきた時に俊敏に頭を切り替えることは難しいのですが、Moleskineに書き留めることで脳内の情報をアウトプットすることに成功したのです。


▼皆さんも気になったらMoleskineを一度手にとって見ては如何でしょうか?紀伊国屋のような大きな書店でも売っていますが、Amazonでも購入が可能です




Moleskineを考えている人なら一度は読んでおきたい、とっておきの活用術が掲載されています。ノート活用術の本としても楽しめます。