TIME before 55

頭良くないし機転も利かない。でも夢の大きさは誰にも負けない。

TICAD Vが今日から開幕!


今日からTICAD V (第5回アフリカ開発会議)が横浜で開幕します。これはアフリカ51カ国や国際機関の代表と日本側がもつ国際会議で、3日間の日程の後に宣言を出す形になっています。日本は既に3兆2000億円の支援策を盛り込んでいて、これは過去最大の規模となっています。


ODAは、道路網などのインフラ整備を目的にした円借款6500億円などで、これまでより増額する。首相は基調演説で、官民が協力して若者1000人を留学生として日本に招き、卒業後に日本企業で雇用する構想を「安倍イニシアチブ」として打ち出すなど、計3万人に上る産業人材育成策も打ち出す。教育環境の充実や保健医療の普及、コメ生産倍増を柱とする農業技術支援などによって「人間の安全保障」を確立し、アフリカの成長を下支えする姿勢を強調する。

5年おきに開催されるこの会議は今回で5回目。会場は横浜です。

そして今回、初めての試みがなされました。中でも注目されたのが「学生プロジェクト」です。

近年、国際協力分野では活動に若者を取り入れるのがひとつの流れになっているのですがこれもそのうちのひとつで、アフリカと日本の学生が意見を取替しながらひとつの提言にまとめるというもの。 >>提言文書はこちら

国際協力系学生の中では大注目を浴びていたプロジェクトで、私の友人も多く関わっていました。大人の議論の中に若者の発想を入れて、斬新なアイデアを提案したこの文書は読み応えのあるものになっています。

全体としては具体的なものと抽象的な論題が入り交じっているのですが、特に「5.治安部門改革」には充実した内容が盛り込まれていて、とても関心を持ったテーマでもありました。是非御覧ください。